海外で活躍するための第一歩|英会話をマスターすれば道は広がる

英会話スキルはいつでもどこでもゲットできる!

日本の英会話

男女

学校で学べる英会話というのは、従来の英語の授業に比べて圧倒的に少ないです。そのため、英語の授業を受けただけで英会話が喋れるようになるのかというと、あまり効果はありません。もちろん、文法や単語は会話において必須なため、しっかりと勉強することは大事なのですが、それでも学校で学ぶ英語の授業は、会話においてそこまで重視していません。そのため、英会話をマスターしたいのであれば英会話教室で勉強したほうがより効率的に学ぶことができます。
学校の授業と英会話教室。この2つの明確な違いは「英語での会話量の多さ」です。中学校から英語を始めたと仮定して高校、大学と英語の授業を受けたとしても、会話の実践練習量は文法や英単語に比べて圧倒的に少ないです。また、その会話も集団で授業を受ける以上一人に使用する時間は非常に短いため一回の授業で3分未満しか会話できないということはザラです。対して、英会話教室では個別や少人数態勢で授業を行うことが多いため、一回の授業でも会話の機会が非常に多く、密度の濃い会話の授業をうけることができるのです。そのため、学校の授業だけで英語が喋れるようになるためには実際に会話を行い経験を積んでいくしかありません。反対に英会話教室は、実際に経験を積み会話の技術を高めるにはうってつけです。しかし学校に比べると会話に重点を置いている分、文法などが疎かになるので、完全に英語をマスターするにはこの2つの組み合わせが肝心です。

学生が学ぶ意味

教師

高校生や中学生のうちに英会話を勉強しておけば、海外留学の際に非常に便利です。英語塾のほうがテストには有効かもしれませんが、将来を見据えるという意味ならこちらも有効です。

More...

子供のうちから英語を学ぶ

ステーショナリー

小さな子供のうちから英会話を学ぶというのは大人になってから学ぶよりも習得速度が早くなります。しかし、子供のモチベーションを維持し続けなければならないので注意しましょう。

More...

モチベーションの重要性

婦人

英会話にせよ何にせよ、モチベーションの有無は習い事に関して非常に重要な意味を持ちます。よって、充実した授業をうけるためにはモチベーションの維持を意識しましょう。梅田は大きな街であり、モチベーション維持に役立つものが多いです。

More...